ユーザー車検

ユーザー車検

ユーザー車検の説明と手順

予約が必要となるそうだよ!!
そして、車の点検を、車検の前の日までにするわけ。
車の整備も必要に応じて行うんだけど・・・。
バッドやオイルの交換などだね。
車検を受ける当日までに整備を終わらせておこう〜。
書類の作成が、ユーザー車検を受けるには必要でね!!
車検場ですぐ手にいれることができるそうだよ〜。
内容も、車検証に書かれている内容を書いて写すっていう程度のものなわけ。
書類の不備を、予約の確認を受付でしてもらうときにチェックしてもらえるんだって(>_<)
実際の検査は、書類をクリアすればできるそうだよ〜。
車の外見の検査からライン検査はスタートするんだって!!
他にも、排ガス検査とか下回り、ブレーキ、ライト、スピードなど・・・。
初心者とプロとではライン検査にかかる時間っていうのは違うみたい((+_+))
でも、10分ほどで慣れていない人でも終了しちゃうものみたいだよ〜。
終了したら、車検証を交付してもらって、ユーザー車検は終了だね(^。
^)

車検にかかる時間は大体1時間30分ほどで、整備とか点検をユーザー車検前にやっておけば済んじゃうみたい(^o^)丿

ユーザー車検の長所・短所は?

車への安全への意識が高まるとか、理解が深まる・・・。
そして、費用を安く上げることができるのがユーザー車検の一番のメリットなんじゃないかな〜☆
では、反対にユーザー車検のデメリットはというと・・・。

 

時間を作って、平日に車検場まで行かなきゃならないってことと・・・。
他の誰にも責任を押し付けることができないってことが、自分で整備とか点検をしたってときにはあることだね(−−〆)
「検査手数料と、自賠責、重量税という、税金に関する費用であって、必要最低限な費用だけがユーザー車検でかかるんだって!!
大体、67000円ほどの金額で、2000CCの小型乗用車なら受けることが可能なんだそうだよ〜。
ユーザー車検代行業者や、指定工場に依頼する方法が、自分でやらずにユーザー車検をするっていう手段があるよね。
ガソリンスタンドとか、大型のカー用品店とか、自動車工場、車販売業者などが指定工場って呼ばれるものなわけ。
大体、「車検・点検整備一式費用」という形で、整備と車検が含まれてることが多いそうだよ〜!!
そして、別に部品交換の費用とか修理などが費用として必要となってくるわえけで・・・。
10万円を超えることもあるんだって(+o+)
ユーザー車検代行業者に頼むと・・・大体一万円ほどが手数料などで取られるそうだよ・・・。
安くあげるなら、やっぱり自分で行うのが一番ってことかな(^。
^)

ユーザー車検で燃料装置の点検って?

ユーザー車検を受けるってときには・・・。
燃料装置の付近のチェックも必要なんだって!!
ボンネットからもチェックをして、車の下からのチェックと一緒に燃料漏れをチェックしよう〜(>_<)
ホースとか配管がタンクの下にはあるよね。

 

亀裂とか、漏れがつなぎ目から起きていないかどうかをみてみよう〜。
もしも、故障個所があるってことになったら・・・整備工場とかディーラーでチェックをしてもらおう!!
燃料をろ過するためのフィルターってものが、エンジンルームには設置されていてね。
配管とかホースなどが分かりやすいそうだよ!!
鼻でも、燃料漏れのチェックをするんだって・・・。
ガソリンの臭いが、外見で見ても異常がないってときにするときには整備工場とかディーラーなどでチェックを受けた方が良いそうだよ。
ガソリン漏れが、給油口と燃料タンクの間から起きていたってこともあるそうだし・・・。
念いりにチェックしておいた方がよいそうだよ〜。
事前にチェックをして、ユーザー車検をきちんとクリアできるようにしておこう〜(^o^)丿

ユーザー車検で、バッド・ブレーキディスク・ブレーキのチェック・

ユーザー車検を受けようってときには・・・。
ブレーキのチェックも必要なんだよね!!
詳細をみてみると・・・。

 

必ず専用のガレージジャッキとウマを使って、ブレーキのチェックをするようにしよう!!
車をウマで固定するために、ジャッキで車体を持ち上げるわけ。
忘れずに行うようにね(>_<)
そして、輪止めを持ち上げた逆側のタイヤにすることもお忘れなく・・・。
タイヤをまず外して・・・。
配管によってブレーキの前まで、ブレーキオイルの油圧が伝わるようにできてるそうでね。
ゴム製の配管で、上下に動くキャリバーへと繋がってるそうだよ。
キャリバーとホースとのつなぎ目や、ホースと配管へのつなぎ目で漏れがないかなどのチェックをする必要があるね。
亀裂がでてくることが、ゴム製のものにはあるそうだよ(+o+)
亀裂とかホースからの漏れがないかっていうのもチェックするんだって!!
うるさくない場所で窓を開けて・・・少し車を動かしてバッドとディスクの間隔をみるそうだよ。
ひきずるような感じの音が聞こえてこなければ、問題ないそうだよ〜。
キャリバーに隙間があるのは、バッドが崩れた具合によってあるんだって。
バッドの残りをみてみよう〜!!
もしも、削りかすがバッドについてるときには取り除いて・・・。
確認はライトで行おう〜!!

もし、ひっかかるような感触が、ディスクまわりにあるときには・・・整備工場やディーラーで相談をしよう〜。
ユーザー車検をクリアするためにも、しっかりと点検をしておこう〜(^o^)丿

ユーザー車検で必要なショックアブソーバとサスペンションのチェック

ユーザー車検を考えているのであれば・・・。
ショックアブソーバとかサスペンションのチェックも必要だよね!!
ホイールが設置されてる場所の裏側を、タイヤを外してみてみると・・・。

 

いくつものショックアブソーバと、アーム・フレームなどで支えられてるのが分かるよね。
ナットなどがしっかり締まってるかどうかをチェックしよう〜。
後ろのトランクとか、エンジンルームにも設置されてることがあって、チェックする場所は車の下だけじゃないそうだよ!!
実際、ユーザー車検の検査場だと・・・。
ナットに、先が鋭利なハンマーを使ってショックを与えて、締まってるかどうかを音で判断するそうだよ!!
だから、専門の人じゃないとチェックはできないよね(*_*;
スパナとかメガネレンチで一つずつ締まってるかどうかをチェックしよう〜(>_<)
車のサスペンションをしっかり確認しないと、車によって設置方法や設置個所なども違うから要注意だね・・・。
サスペンションが取り付けられた状態で、タイヤを外した状態によってショックアブソーバを確認できるそうだよ〜。
亀裂とか大きな損傷がないかどうかを目で見て確認しよう〜。
ダストブーツっていうゴムでできてるものが、さすの内側にあって、ピストンロッドが裏側にあるわけ。
オイルの漏れが、ピストンロッドの辺りからないかどうかもチェックするそうだよ。
ダストブーツもしっかりチェックしておかないと・・・オイル漏れなどの原因となることもあるみたい((+_+))

ユーザー車検の心構えを知ろう

車検っていうのは・・・。
車検証に記されてる有効期限の30日前ほどから検査を受けることができるんだよね☆
でも、次の車検の有効期限が短くなることが、30日前よりも前に車検を受けちゃうと起こるから要注意!!
すごくもったいないね(−−〆)
道交法違反で、有効期限を過ぎると走行できなくなるから気をつけよう〜。

 

有効期限をしっかり確認するのが大切だね☆
そして、車検を有効期限ギリギリに受けるっていうのも、危険が大きいんだよね(*_*;
もしかしたら、急用があって受けることができないってこともあるよね(−−〆)
しかも、予約がすぐ次の日で取れるかどうかも分からないし・・・。
春っていうのは、ユーザー車検なども多いみたいでね!!
もしかしたら10日も後になるってことあるんだよね(*_*;
しかも、一回でユーザー車検を合格できるってことも分からないし・・・。
余裕をもって、ユーザー車検を受けるようにしておこう〜(^o^)丿
何でもそうだけど、前もって計画を立てておくっていうのはすごく大事なことだよね〜。

ホーム RSS購読